スポンサードリンク

ドロップシッピングで副業する

アフィリエイトと似ている副業にドロップシッピングが
あります。よく混同される仕事ですが、両者は異なる
仕事形態になります。

アフィリエイトとは、自分のブログやサイトに広告を
掲載し、広告をクリックして商品が購入されたり、
サービスが利用されたりすれば、売り上げの数%が
収入としてもらえるものです。

現在のアフィリエイトは、ほとんどが「成果報酬型」に
分類されています。

提携という意味を持つアフィリエイトは、業者と提携
することで利益を獲得する副業になります。

アフィリエイトサービスプロバイダ(ASP)は、自分と
業者を仲介する役割があります。

ドロップシッピングとは、ドロップシッパー(自身の
ブログ・サイトなど)で製品を売り、注文が発生したら
卸売業者(ベンダー)に製品を注文します。

ベンダーは購入したユーザーに製品を配送します。
ドロップシッピングの場合は、ドロップシッピング
サービスプロバイダ(DSP)と提携する副業になります。

アフィリエイトとの相違点は、商品の価格を自主設定
できることです。アフィリエイトの場合は、事前に価格が
決まっており、自主的に変更はできません。

また、法律に関する相違点もあります。商品を紹介する
役割の「アフィリエイト」に対し、ドロップシッパーは
「売主」に該当します。

ドロップシッピングの副業を開始するときは、事前にDSPと
連携を取って行うのが普通です。

以前は、悪徳な業者が数多く存在しましたが、現在では
「リアルドロップシッピング」「もしもドロップシッピング」
などの有名DSPがあるので、こちらで知識を身に付けるのも
よいでしょう。

スポンサードリンク