スポンサードリンク

せどりでプチ稼ぎ 古本売っておこづかい

近ごろ、副業として「せどり」が人気を集めるように
なりました。この仕事は、「競取り」「背取り」という
意味があります。

競取りとは、商品の取次ぎをするための仲介をする仕事です。
ここでの中間マージンを収入として獲得するスタイルです。

また、本の背から選択していくという意味合いから背取り
とも呼ばれています。どちらが正しい説かは不明ですが、
この2つのどちらかが関係しているのは確かなようです。

副業としてのせどりは、本・CD・DVDなどを安価で仕入れ、
自分の収入を上乗せして販売するものです。簡単には、
中古本を安く仕入れてAmazonで高く販売するという感じです。

せどりの副業は、会社員や主婦などが数多く行っており、
高額な収入を得ているケースがあります。

古物商の資格を有していれば、公けでの売買が可能になるほか、
業者間との取引もできます。

また、古書籍商組合に加入して、さらに安価に商品を入手
できるという利点もあります。実際、せどりの副業をして
いる人は、古物商の資格は必須だと言っているほどです。

資格を取得するには、警察署(防犯係)を訪れます。
盗品を売って利益を得ることがないよう、防犯係の管轄に
なっているとされます。

取得費用は「19,000円」「2000円くらい」が必要となります。

せどりの副業は、初めは商品の仕入れ・梱包・配送などが
面倒です。また、本を保管する場所がなくなったりし、
部屋が狭くなることもありますが、一定の収入が見込める
ようになれば、その楽しさが分かるようになります。

スポンサードリンク