スポンサードリンク

副業と週末起業の違い どちらがよいか

今の仕事のほかに収入源を獲得しようと思ったとき、
「週末起業」という方法も考えられます。

会社員が週末の休日を活用してお金を稼ごうと考えたとき、
仕事を受けることで収入を得るのは「副業」になります。

これに対し、自身で収入を得られる仕組みを考え、仕事を
こなしてくれるスタッフを集め、その管理を行うことで
収入を得る場合は「週末起業」になります。

例をあげると、Aさんが翻訳を行うためにサイトを作成し、
翻訳できるスタッフを収集します。

そして、サイト経由で客がサービスを利用した場合、翻訳の
仕事をスタッフに割り当て、完成した仕事をチェックして
客に渡すという流れになります。

収入を得るためには、客やスタッフと連携しながら進めて
いく必要がありますが、稼ぐ仕組みがうまく軌道に乗れば、
安定した収入を獲得することが可能です。

そして、BさんはAさんの仕事を受け、翻訳を行うスタッフ
です。もともと翻訳が趣味だったので登録し、休日を利用して
副業として仕事をこなしています。

仕事をすれば収入が得られますが、病気になったり遊びに
行ったりすれば、そのぶんは収入にはなりません。

安定した収入を副業で得るためには、休日に必ず仕事をする
必要があるのです。これは労働収入に該当するもので、通常の
サラリーマンの仕事形態に近いと言えるでしょう。

仕事における責任の重さはAさんですが、仕事が上手に回れば
効率よく収入を稼げるのもAさんです。ただ、Bさんの副業の
場合は、事業に失敗するリスクがないという利点もあります。

スポンサードリンク