スポンサードリンク

SNS詐欺 お悩み相談の副業で230万円をだまし取られる あさイチ

まさか自分が詐欺に会うとは思ってもみなかった・・
詐欺にあわれた方の、すべての人がそう言います。

40歳女性の場合、SNSの副業サイトで230万円を騙しとられてしまいました。

彼女は、健康診断で異常が見つかり求職することになりました。
入院、手術まで数ヶ月の期間があり、生活を少しでも安定させるため、
ネットで副業を始めようと考えました。

スマホ副業

そんな時、タイミングよく、スマホに「メールの悩みに応えるだけで高収入」の
お悩み相談の副業広告がありました。

これならできると、さっそく、申し込んだところ、すぐに仕事の依頼がきました。

40歳の男性から「友人からの借金申し込みの悩み相談」でした。
数回のやりとりで、悩みは解決し仕事は無事完了しました。

報酬を受取るため、依頼先に口座番号をメールすると、
「文字化けして確認できない、もう一度送りなおして欲しい」
との返信メールがきました。

メールを送りなおそうとすると、1通につき52ポイント
(金額で520円)の支払いが必要と言われ、
コンビニで電子マネーを3000円分購入。

何度も送信するのですが、そのたびにパスワードを10回送信することを
要求されたりのやりとりが、延々と繰り返されます。

報酬を受け取ろうとの焦りでメールを送り続け、
4週間で230万円をだまし取られました。

彼女は、消費者生活センターに相談して、
現在交渉してもらっているそうです。

●コミュニティ詐欺でチケット費用を騙しとられたケース
SNSには、仲間通しのコミュニティがあります。
あるミュージシャンのコミュニティに参加していたところ、
なかなか取れないコンサートのチケット譲りますのコメントが。

喜んで購入希望を連絡し、指定口座番号へ代金を振り込んでも
チケットがなかなか届きません。

SNSで理由を聞こうとしたところ、
その人は退会したことがわかり、4000円を騙しとられました。

共通の趣味を持った人だと、安心してしまいがちですが
まったくの他人であることを忘れないでください。

●被害にあったときには・・
・支払い金額を証明するもの
→銀行の振込み、クレジットの明細、電子マネーの管理番号など

・やりとりの記録
→パソコンやスマホの実際の画面の画像

・被害にあったときのサイトアドレス
→やりとりしていたメールやメールアドレス

●スマホの画像を記録するには
iphone ・・・ホームボタン+電源ボタン
andoroid ・・・電源ボタン+音量下げボタン
をすると、画面のスクリーンショットができ画像が記録できます。

●消費生活センターへの連絡
証拠が完全にそろってなくても、消費者生活センターに
連絡して相談してください。

取り戻すためのアドバイスが受けられます。
電話 0570-064-370(消費者ホットライン)

スポンサードリンク