スポンサードリンク

第二の人生のための50歳からの転職 がっちりアカデミー

がっちりアカデミー(8月19日放送)は、中高年の転職に希望を
与える内容でしたね。

第二の人生を楽しんでいる人達がどのようにして、稼いで
そして充実して暮らしているのか、中高年で転職を考えている
人は参考にしてください。

洋裁が得意な普通の主婦(64歳)が高齢者を対象とした
「背中の丸いひと向け」の服を作り、月800万円の売り上げ。

この高齢者向けの洋服が、口コミ・インターネット・カタログ
販売で愛用者は7年間で1万人突破。

2010年には、東京・世田谷に「マダムトモコ」を
オープンしました。

洋裁が得意な人は、参考になりますね。

また、サラリーマンから漁師に転職し、「イカ釣り漁師」に
なった63歳の元エリートサラリーマン。
にもいか釣り漁で有名な須佐に移り住み、取材した日の
一日の収入は2万円。

2万円の収入は毎日ではないにしろ、好きな釣りをやりながら
老後を暮らせたら、最高なのでは?

釣りが好きな人向けです。

「お掃除」で「年商3000万円」の社長になった主婦もいます。
50歳でお掃除の会社「M&Mサービス」を設立し、今や年商
3000万円の会社に成長。

マクドナルドのパートを辞め、忙しくて大変だったようですが、
ステップアップできる仕事の世界に生きがいを感じ、経営者に
なりたい思いから頑張り、会社も軌道に乗ってきたそうです。

お掃除が得意な人なら、気持ちがあればできそうです。

51歳で地元のイタドリを使ったジャムやケーキが中心の
お店を主婦仲間と開業。新しく考案したじゃがいもドーナツを
もっと広めたいと自己資金0の中独立を決意しました。

創業者支援資金を利用して、じゃがいもドーナツのお店
「Cafe Terrace 夢ふうせん」をオープン。

口コミで広まり、1日に1000個を売り上げる人気店に
なりました。

このように、自分の得意なことで起業し、収入を得て
成功している中高年がいると思うと、人生まだまだ
終わらず、チャレンジする精神が大切だと思います。

スポンサードリンク