スポンサードリンク

銀座セカンドライフで企業家を目指す|50代60代に大人気

最近、「銀座セカンドライフ」という会社が、テレビや雑誌で積極的にとりあげられています。

名前を聞くと、退職後のスローライフを過ごすための不動産?という感じですが、まったく別物です。

「銀座セカンドライフ」は、50代、60代から会社を立ち上げて、積極的に生きていこう!と呼びかける、シニア異業種交流会なのです。

ivent.JPG

代表は、片桐美央さん。学習院大学を卒業後、花王、大和証券SMBCと勤めた後、2008年に起業家を支援する会社「銀座セカンドライフ」を設立しました。

異業種交流会というと、「市内の企業が集まり、技術力をあわせて新しいことをする」という企業中心の交流会のイメージでしたが、銀座スローライフには、個人の人もたくさん参加しています。

背景にあるのは、ネットにより個人ビジネスが大きな市場に成長していること、副業を認める会社が増えたことなどがあります。

とにかく、素人とプロの境界線がなくなり、プロでも太刀打ちできないスーパー主婦がネットの中で大活躍している時代です。

企業も、ネットでバンバン稼ぐカリスマ主婦などとタッグを組めないかと、これまでにない盛り上がりをみせています。

ネットでは自分の力でなんとかなったものの、さらに上のビジネスを目指すには、自分だけの力ではどうしようもありません。

そこで、この異業種交流会を使って、ネットワークを広げビジネスチャンスを拡大しようと多くの起業や個人が参加しているのです。

「銀座セカンドライフ」参加するには

現在登録会員数は12000社。参加するには、アントレ会員になる必要があります。

アントレ会員には、ゴールド(月会費7000円)、スタンダード(月会費3000円)、ライト(無料)があり、会員の種類により、受けられるサービスが違ってきます。

アントレ会員には、起業セミナーや起業家交流会への参加のほか、以下のようなサービスが優良で受けられます。

●提供サービス(別途費用がかかります)

  • バーチャルオフィス

  • 会社の住所が欲しい

  • 仕事や商談スペースがほしい

  • 自習スペースが欲しい

  • 専用の電話が欲しい

  • 法人登記がしたい

  • 融資を受けたい

  • 助成金、補助金が欲しい

  • 会計記帳をしてほしい

  • 企業相談したい
  • まさしく、起業する人には、どれも欲しいサービスですね。

    行政も積極的に活用しており、神奈川県よりの委託で「かながわシニア起業応援サロン 桜木町」も開設しています。

    とにかく、月会費3000円で、各企業からの積極的な支援が受けられるのは嬉しい限りです。

    特徴は、同年代の人たちの集まりなので、安心して参加できること。

    「こんなおばちゃんでも大丈夫?」と気後れすることなく、活発に活動できることでより成功に近づけるように思います。

    現在のビジネスから、ステップアップを狙っているのでしたら、参加してみてはいかがでしょうか。

    「銀座セカンドライフ」の活動は、テレビ東京「WBS(ワールドビジネスサテライト)」でも紹介されました。

    スポンサードリンク