スポンサードリンク

高スキル主婦の戦力で中小企業活性化を国が支援 クローズアップ現代

学校を卒業し就職し、バリバリ働いていたものの、結婚、出産のため
職場を離れたしまった女性たち。

能力もスキルも高いものを持ちながら、家事、育児に追われてている
女性が沢山います。

また、子育てが一段落して、働こうとしても主婦の中途採用の道は、
なかなか開らかれていませんでした。

そこで、国は昨年より、出産を機に退職したスキルの高い主婦を
中小企業の戦力として活用する「中小企業新戦力発掘プロジェクト」
をスタートさせました。

高スキル主婦

同一企業で2年以上の正社員の就業経験のある人を対象に
中小企業への職場実習(インターン湿布)を国が支援。

職場実習の期間は、勤務時間に応じて5000円~7000円の
技能取得支援助成金がもらえます。

職場実習が完了後、企業との合意が得られれば、
そのまま正社員としての職場復帰の道が開かれます。

企業でも、主婦が働きやすいよう就業規則を見直したり、
託児所の整備を行うなど、主婦の積極的な活用を狙っています。

このプロジェクトの利用で、これまで全国で1300人以上の
主婦の就職がきまったそうです。

主婦と中小企業のマッチングによる、新戦力の可能性に迫ります。
    *     *
営業、経理、商品開発、マーケティングなど、高いスキルをもつ主婦に、
今、中小企業の社長がラブコールを送っています。

中小企業とのマッチング

会社の方でも、フルタイムの正社員と短時間の主婦で
不平等にならないように、主婦が働きやすいよう
就業規則を見直しています。

人材不足に悩む中小企業と、活用されていなかった
高スキルの主婦たち、この新しい組み合わせで、
企業の戦力を高める企業が相次いています。

マッチングしてくれるのは、人材派遣会社。

マッチングの仕組み

人材派遣会社が、高キャリアの能力を見極めマッチングさせて
くれるため、自分でも知らなかった能力が発見できるといいます。

●従業員3名の印刷会社と大手アパレルメーカーで17年広報キャリアの女性
新製品を開発したものの、販売するノウハウがない印刷会社が、
大手アパレルで17年人気ブランド広報を担当していた女性と契約しました。

女性は、小学性の娘がいるため週に3日×4時間のパート勤務
時給は1400円だそうです。

2人目を出産し、大手アパレルメーカーでの再就職を望みましたが
残業が条件ということで、全部断られたそうです。
そこで、この国のシステムを利用することにしました。

その成果は見違える程、商品の売込みから
商品PR、商品開発のアイデアを出しまでしてくれます。

広報で契約

昔の取引先であった、大手雑誌社への新商品の掲載提案など
即戦力として、驚くほどの力を発揮してくれるそうです。


●従業員100人の金属加工メーカーと大手の卸商社営業のスペシャリスト
彼女は、大手の卸売商社に17年勤務し、営業戦略を立ててきました。
そこで、年収500万円以上の経験者専用の派遣に申込みました。

このシステムでの主婦の時給は、過去の年収をベースに決まります。

彼女は、2人の娘を育てるため、週に4日×5時間 時給2200円
で契約しました。月収は20万円。

営業リーダー

彼女は、営業のリーダーを任され、月に2度戦略会議を開いています。
その成果を認められ、短時間勤務の正社員になりました。

労働時間が半分になっても、フルタイムの7,8割の成果を
上げることができるモデルを示せるよう頑張っているとのことです。


●企業内で就業規則の見直し
通常、今までの就業規則では、フルタイムの正社員と
短時間労働のパートの間で、不平等感がでてきてしまいます。

そこで、企業側も、柔軟に対応できるよう就業規則を見直し、
双方を戦力化させることにより、成果をあげています。

今後は、フルタイムで働きたい人、短時間で働きたい人
いろいろな人材をうまく使う仕組みをつくることで対応しようとしています。

自分の持っていたスキルを活かせる、
新しい雇用体系に期待したいですね。
    *     *
現在、中小企業新戦力発掘プロジェクトを仲介する機関として
以下の会社が登録されているようです。

■中小企業新戦力発掘プロジェクト コーディネート機関
キャリアバンク株式会社(北海道)
株式会社マイナビ(北海道・東北・関東・九州)
株式会社パソナ(北海道・東北・北信越・中部・近畿・中国・四国・九州)
株式会社ヒューマンタッチ(関東・近畿・沖縄)

スポンサードリンク