スポンサードリンク

自分の経験を文字にしWEBライターで空いている時間で稼ぐ!

ネットで検索窓に知りたい事を入力すると、
答えがパッとでてきます。本当に便利な世の中になりましたよね。

現在は、スマホから音声による検索もできるようになったので、どこからでも気軽に調べることができるようになりました。

ところで、これらの記事って、誰が書いているの?って疑問に思ったことがありませんか。

企業やメーカーが自社の情報を発信する記事、マスコミがニュースとして配信する記事、ブログなどの個人記事などがありますが、それだけはありません。

実は、WEBライターという人がいて、沢山の記事を毎日のように書いているのです。依頼しているのは企業です。

web.jpg

ネットがない時代は、記事を書いて生活するなんてプロのライターになるしか考えられませんでしたが、今では、だれでもできるようになりました。

仕事をするには、まず記事を依頼する企業や記事を斡旋する業者と契約すること。

条件はまちまち。1週間の記事数を条件にしたり、拘束時間をある程度設けたりしているところもあります。

料金は、文字数によって単価が決まっていて、初心者の人では、100文字 55円程度からのようです。

例えば、2000文字程度の原稿を書くと、1100円になります。毎日1記事書くと、月に3万円程度、多い人は10万円以上稼ぐ人もいます。

この仕事の最大メリットは、空いている時間にできること。パソコンとネットさえあれば夜でも、朝でも、家庭でも、外でもできることです。

子育て中の方や、病気で休職している人、仕事を終えて帰宅してからでもお金を稼げることは、大きなメリットですよね。

コツは、自分の身近な題材、得意なこと、趣味などの分野を選ぶと書きやすくなります。

例えば、子育て中の人は赤ちゃん向けの記事、病気の経験のある人は自分の病気のこと、銀行に勤めていた人はお金のこと、など得意な分野を選ぶこともできます。

自分の経験した情報が他の人に役立って、それで収入を得られるのは最高ですね。

この頃は、記事だけ書かせてお金を払わない業者もいるから注意が必要です。

お金をもらうということは、プロとして仕事を受けること。それだけに受ける側も、発注側もしっかりした業者を選びたいですね。

下記のサイトは、担当編集員もいて安心して受けられるようです。



実は文章を書いていると、もう一つ大きなメリットがあります。それは、いつもでも若くいられること。

文章を書くことは、指先を使い頭を使い、色々なことに興味をもち考えをまとめるため、脳はいつもフル回転の状態。
それが脳のシノプシスを増やし、身体の細胞を活性化させます。

瀬戸内寂聴さんや、橋田壽賀子さんを見ていると本当に同年代の方とは全然違いますよね。

これからは、WEBの情報がどんどん増えていくので、将来性もあります。

これで鍛えて、将来WEB作家の夢も期待できますしね。本や書くことが好きな方、ぜひ検討してみてください。

スポンサードリンク