スポンサードリンク

WEBライターでプチ稼ぎ 副業

副業の一種であるWEBライターは、パソコン上のページに掲載する記事を作成する仕事です。

企業と契約し、指定のキーワードを用いて記事を作成していきます。

キーワードの種類、文字数などの条件がありますが、仕事を覚えれば完全に自宅でできるので、家庭の主婦などを中心として評判の副業です。

WEBライターの仕事は、企業や個人とじかに契約する方法のほか、記事サービス会社に登録し、仕事をもらうという方法もあります。

仕事の流れは、メールでの連絡・記事の作成の2つになります。

アフィリエイトやアドセンスブログなどの副業が人気ですが、安定して利益を獲得するためには、検索サイトで上位に自分のサイトを出現させることが重要となります。

検索サイトで上位になるほど、クリック率が上がるため、商品やサービスを利用してもらえる可能性が高くなるからです。

検索で上位表示となれば相当な労力が必要となります。サイトを増やす必要があるため、多くの記事が必要となるのです。記事が少ないと、上位表示させることは困難です。

記事サービスを利用した企業は、テーマ・キーワードなどを指定してきます。依頼を受けた記事サービス会社は、ライターに記事作成の仕事を依頼します。

仕事を受けたライターは、文字数・改行・キーワードなどの条件を盛り込みつつ期限までに記事を作成し、記事サービス会社に送付します。

記事作成の副業報酬は、1記事600文字で300円、100文字で55円という料金設定をしているとこもあります。

副業といえど、お金をもらうからにはプロの仕事。最近、仕事をだしておいてお金を払わないなどいうトラブルもあるのでしっかりした業者を選びたいですね。

記事作成という特性上、作成スピードと時間の余裕で月の収入は大きく異なりますが、だいたい1か月あたり3~5万円
くらいが普通のようです。

スポンサードリンク